忍者ブログ
前日のAmazonアソシエイトの成果報告をメモしていきます。
[53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2月16日にAmazonアソシエイトで売れた本。(3)
和書から川島隆太教授の本が3冊。くもんジュニアサイエンスである『自分の脳を自分で育てる』とその続刊の『脳を育て、夢をかなえる』は小学校高学年向けに平易な言葉を使って書かれている。いずれも脳を育てることの大切さを説いた本となっている。

読み・書き・計算が子どもの脳を育てる(川島隆太)
内容(「BOOK」データベースより)
教育に脳科学のメスが入った!ブレイン・イメージング研究の第一人者が、最新のデータをもとに子どもの脳を健康にたくましく育てる教育方法、学習方法についてわかりやすく説く。
自分の脳を自分で育てる―たくましい脳をつくり、じょうずに使う(川島隆太)
内容(「BOOK」データベースより)
人間の脳の働きを調べる最先端の研究―ブレインイメージング研究とは。わたしたち生きている人間が、いろいろな行動をするときに、脳のどの部分がどのように活動するのかを、この本でお見せするような画像にして調べる研究です。最新の機械を使うと、まるで、脳を頭の中から取りだしたような状態で見ることができます。この本では、ブレインイメージング研究によって明らかにされた、人間の脳に関する数多くの研究成果を、初めてお見せしています。
脳を育て、夢をかなえる―脳の中の脳「前頭前野」のおどろくべき働きと、きたえ方(川島隆太)
内容(「BOOK」データベースより)
前頭前野は、みなさんのおでこのすぐ後ろに位置しています。ひじょうに大きく、発達していて、「人が、ほかの動物とちがうのは、この大きな前頭前野を持っているからだ」とも、いわれています。本書では、生きている人間の脳の働きを画像にして調べる「ブレインイメージング研究」の最新成果をたくさんお見せしながら、脳の中で、もっとも大切な働きをする“前頭前野”のお話をしていきます。

4774307173脳を育て、夢をかなえる―脳の中の脳「前頭前野」のおどろくべき働きと、きたえ方
川島 隆太
くもん出版 2003-07

by G-Tools
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Amazonアソシエイト



本を買うなら楽天ブックス


お買い物するなら楽天市場

ブログパーツ

人気ブログランキング - あまれぽ ~Amazon Associates Report~

人気blogランキング

くる天 人気ブログランキング

ブログ内検索
最新コメント
[07/14 タメ五郎]
[09/11 八゜イ星人]
[09/04 むらた]
プロフィール
HN:みっち
自己紹介:
ちまちまとAmazonアソシエイトで本を売ってます。主な取り扱いジャンルは手帳術などの情報整理術、脳を鍛える本、TVで紹介された本など。
2008年の目標は一ヶ月の発送済み商品合計で101点。これを超えると紹介料率が少しよくなるのだ。
売れた本の紹介を経由してもう1冊売れるという「幸せの永久機関」が起こらないかなあとも願っています。
→Admin
忍者ポイント広告
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © あまれぽ ~Amazon Associates Report~ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]